任意保険での補償の詳細

任意保険で付けるべき基本的な補償

ほとんどの任意保険は、対人と対物ともに賠償上限額が無制限で、資力の乏しい運転者が重大事故を起こしても安心できる内容になっています。対人については、自賠責保険では不十分な補償を補うのです。さらに、単独事故を起こしたり、無保険車との事故に遭った場合に備えて、車両保険や搭乗者傷害保険への加入が望ましいでしょう。車両保険に加入すると、落石など不可抗力による損壊も補償されます。ただし、車両保険の補償上限額は、車の使用年数とともに下がっていくので、買ったばかりの新車でない限り、全損になったとしても新車を買い換えるほどの補償金はもらえません。

搭乗者傷害保険に加入すれば、運転者だけでなく自車の同乗者が死傷した場合についてもカバーされます。

オプションで付けられる任意保険の補償内容

任意保険には、様々な特約があり、オプションで付けられます。たとえば、他車運転特約を付けると、マイカー以外の車を借りて運転した時に起こした事故も補償されます。加害者がわからない当て逃げや車体へのいたずらについてカバーする特約もあり、マイカーを自宅から離れた露天の駐車場に停めているオーナーは、付帯が望ましいでしょう。そして、日常事故賠償特約を付けると、車外の事故で生じた賠償も補償してもらえます。自転車走行中やスキー場で他人にぶつかって怪我をさせた場合の賠償もカバーされるのです。

それから、完全な被害者になったら、保険会社は示談交渉を代行できないので、弁護士に代理を依頼するしかありません。弁護士費用特約は、保険会社が示談交渉してくれない事故などの場合に、弁護士に依頼する費用を補償する特約です。