ドライバーが自由に加入する任意保険

自賠責保険では補えない損害をカバーすることが可能

任意保険は、民間の損害保険会社が自動車保険として販売している保険商品を指します。任意という言葉が使われていることからもわかるように、損害保険会社の自動車保険に加入するかどうかはドライバーが自由に決められます。しかし、車を所有する際に任意保険に加入するドライバーは非常に多いです。その大きな理由は、加入が義務付けられている自賠責保険では補えない損害をカバーできる点にあります。

自賠責保険には、保険金の支払対象になるのが人身事故のみであり、上限額も少ないという欠点があります。自賠責保険のみだと、物損事故を起こしたときに損害を全額負担しなければならず、人身事故でも損害額が多額になると、超過分を自己負担する必要がでてきます。任意保険に加入していれば、損害額が自賠責保険の保険金の上限を上回る場合に、超過部分が任意保険から支払われるようになり、高額の自己負担の発生とそれに伴う影響を回避できます。

サービス内容が充実していることも大きな特徴

自賠責保険と比較した任意保険の特徴の一つに、サービス内容が充実していることが挙げられます。任意保険に加入していれば、所有している車にトラブルが起こった場合に、対応するサービスを利用して解決させることができます。例えば、運転中にタイヤのパンクや、バッテリー上がり、ガス欠などが起こった場合、損害保険会社が設けている専用電話番号に問い合わせて事情を伝えれば、スタッフが必要な機材を持参して現場に来てくれます。保険商品によっては、事故時だけでなく日常生活の中で生じる身体の不調についても電話などで相談ができるサービスや、介護に関する情報を得られるサービスを提供している所もあります。任意保険選びの際には、保険料や補償内容だけでなく、付帯サービスも比較することも重要です。