自賠責での補償の詳細

傷害による損害では入院治療費だけでなく様々な費用を請求できる

自動車交通事故による被害を受けた場合、自賠責保険から被害の程度に応じて保険金を受け取ることができます。自賠責保険の補償のカテゴリーは大きく、傷害、後遺障害、死亡の3つに分かれています。このうち、傷害による損害については、入院や治療でかかった費用はもちろん、入院中に生じた雑費や通院時の交通費、補装具に関する費用、診断書や公文書の発行手数料、休業損害、慰謝料などがすべて含まれます。

自賠責保険が被害者の救済を目的としていることもあり、傷害が生じた場合に保険金として請求できる費用の範囲は幅広いですが、受け取れる金額には上限が定められています。怪我の程度が酷くて、算定した損害額が上限を上回る場合でも、超過した部分は自賠責保険からは支払われないので注意が必要です。

死亡や後遺障害による損害の場合は傷害の場合より上限額が高い

交通事故の被害者が死亡した場合や、後遺障害が生じた場合に自賠責保険から支払われる保険金の上限は、傷害の場合よりはるかに高額に設定されています。事故被害者が死亡した場合に支払われる自賠責保険の保険金の中には、葬儀費用や慰謝料、逸失利益が含まれます。逸失利益は亡くなった人の収入や就労可能だった期間、被扶養者の有無などに基づいて算定され、慰謝料は請求権を持つ遺族の人数によって金額が決まる仕組みになっていますが、葬儀費用については実施の規模に関係なく上限額が固定されています。

一方、後遺障害の状態になった場合の保険金は逸失利益と慰謝料から成り、損害保険料率の算出等を行う団体による審査で認定された後遺障害等級に応じて上限金額が決まります。後遺障害等級には第1級から第14級まであり、障害の程度が重いと認定される後遺障害等級があがり、保険金の上限も高くなります。